Uncategorized

岡山のりんけんバンド波名城夏妃似雑貨屋勤務女性と一夜を過ごした

ハッピーメールでちなつさんと出会う

去年の秋、俺は出会い系サイトハッピーメールで岡山市在住の女性と出会いました。

女性は当時25歳で、職業は輸入雑貨店勤務のちなつさんという女性。

身長は158センチEカップのややむっちり体型で、髪の長さはセミロングで黒髪にまばらに金髪が混ざった髪型。

見た目は沖縄のりんけんバンド、ティンクティンクの波名城夏妃さんそっくりのぱっちり二重で、ややきつめのハーフっぽい雰囲気ではありますが、プロフィールの自己紹介などを見てたら柔らかい雰囲気が伝わってくるような女性でした。

出身は広島県府中市出身で、大学で岡山に出てからそのまま岡山で就職したとの事でした。

趣味はファッションと音楽鑑賞で、好きなアーティストはSuperflyとback numberが好きだと言ってましたね。

ちなつさんはややきつめの見た目ながらもプロフィールの文章を見てたら柔らかい優しそうな雰囲気が伝わったのと、髪は巻いたり結んだりした写真もあったけどおろして内巻きストレートにした髪型の写真も載せておりその髪型に惹かれ、

俺「初めまして、ちなつさんのおろしてストレートの髪型した写真に惹かれたのとハーフっぽいけど優しい雰囲気に惹かれてメッセージしました。よろしくお願いします。」

とメッセージを送り、約1時間後に、

ちなつさん「こちらこそメッセージありがとうございます。髪型はいつも気にしてるので褒めてもらえて嬉しいです。たまに怖そうとか言われるけど全然そんな事ないですよっ。よろしくお願いします。」

と絵文字も交えて返事がきてちなつさんとやりとりが始まっていきました。

ちなつさんとはまず趣味や日常の話からしていきましたが、お互い好きな音楽の話になり、ちなつさんがSuperflyやback numberが好きなのに対して俺はコブクロが好きだと言うと、

ちなつさん「コブクロ良いねぇ~。歌上手いしバラードが多いし聴いてて落ち着くよね。どんな歌が特に好き?」

俺「桜とか新幹線のCMで流れた何故旅をするのだろうって曲が好きだけど分かるかな?」

ちなつさん「桜良いよね。私も好き。新幹線のCMの曲分かるよ。私もCMで聴いて良いなと思ってた。曲名は知らなかったけど(笑)。」

といった感じで盛り上がったのを覚えています。

そして、そこから俺の髪フェチの話になり、俺がエッチの時まず女性の髪をくしやスプレーできれいにといてからエッチに持っていく事を伝えると、

ちなつさん「私は髪触られるの好きだから全然大丈夫だよっ。○○くん(俺の名前)ストレート好きなら私もストレートにした方が良い?」

俺「ほんと?ありがとう。ちなつちゃんが大丈夫ならストレートにしてもらっても良いかな?」

ちなつさん「良いよ。じゃあ○○くんと会う時はストレートにするねっ。あ、私の事ちいちゃんとか大丈夫だよ。ちなつちゃんは言いにくいよね(笑)。」

俺「ありがとう。じゃあお願いします。じゃあちいちゃんって呼ばせてもらうね。」

といった感じで意気投合していき、ハッピーメールでのやりとりからLINE交換して知り合って約2週間後の土曜日夜、ちなつさんと琉球居酒屋ちゅらSUNで待ち合わせて会う事になりました。

ちなつさんと居酒屋デート

ちなつさんが住んでるアパートもちゅらSUNからわりと近いという事でちょうど良かったなって感じでしたね。

ちなつさんと合ってお互い目が合うと、ちなつさんはやや恥ずかしそうにはにかみながら笑ってるのが印象的でしたね。

たしかに見た目は目が大きくハープってぽくてややきつめの印象でしたが、笑った時のはにかみ笑顔を見たら一気に緊張感がほぐれました。

さらにちなつさんは髪をおろしてストレートにしてくれてたのでそれを見て俺は、

俺「ちいちゃん髪ストレートしてるの似合ってるね。金髪が混ざってるのも雰囲気ある。」

とちなつさんの髪に軽く撫でるように触れると、

ちなつさん「ありがとう。ストレート好きって言ってたよね。じゃあ私みたいに長すぎず短か過ぎずが好き?」

俺「うん、肩くらいが好きだけどちいちゃんの肩よりやや長めも好きだよ。」

ちなつさん「そっか~、○○くんの好みで良かった。」

といった感じで話し、ちなつさんとちゅらSUNの店内へ。

店に入りまず酒を注文しましたが、俺はオリオンビールを注文したのに対し、ちなつさんは泡盛とウーロン茶を注文。

そして、乾杯してから、

俺「ちいちゃん泡盛ウーロン茶で割って呑むんだ。泡盛好きなの?」

ちなつさん「うん、泡盛好きよ。水やウーロン茶やカルピスとかで割って呑んだりしてるよ。○○くんは泡盛呑まないの(笑)?」

俺「俺は泡盛よりビール派かな。泡盛はさすがにきつくて(笑)。」

ちなつさん「まあそうだよね(笑)。」

俺「ちいちゃん目が二重でぱっちりしてるね。沖縄好きだから沖縄っぽい顔の雰囲気も好き。」

ちなつさん「それよく言われるよ(笑)。でも身内に沖縄と接点ある人いないけど私も沖縄好き。」

こんな感じで沖縄料理を食べたり沖縄の話とかさながら盛り上がり、酒が入ってきてお互いほろ酔い状態になったら互いに寄り添って一緒に写真撮ったり少しちなつさんの髪に触れたりしましたね。

ただ、周りにも客は何人か居たので、ここではそれ以上の事は控えました。

ちなつさんのアパートでちなつさんの髪を整えてからエッチ

そして、ちゅらSUNで呑んでから歩いてちなつさんのアパートへ。

ちなつさんは、

ちなつさん「ちょっと狭い部屋だけどごめんね。」

と言いながらも、部屋はロフトが付いていて天井もわりと高いなという印象でした。

少し雑談してから俺が、

俺「LINEでも言ったけどまずちいちゃんの髪といて良いかな?」

ちなつさん「あ、言ってたね(笑)。じゃあ私が使ってるアイロンとスプレー持ってくるからそれ使って。」

と言い、ちなつさんは普段から使ってるアイロンとスプレーをもってきてくれて、それを使って俺はちなつさんの髪をといていきました。

ちなつさんの髪をときながら俺は、

俺「実は俺髪の分け目は左が好きなんだ。」

と言ってちなつさんの右寄りに分けてた髪を左分けにすると、

ちなつさん「へぇ~、そうなんだ。私いつも右だからたまには左してみよっかな(笑)。私のアイロン使いやすい?」

俺「うん、ちょっと大きいなと思ってたけどでも髪すぐまとまるね。」

ちなつさん「ありがとう。私アイロンとコテ2つ持っててストレートの時はアイロンで、アレンジする時はコテ使ってるよっ。」

といった会話も交えながらちなつさんの髪をセット。

そして、ある程度ちなつさんの髪を整えていき、ちなつさんの背後から抱きつき、さらにちなつさんの後ろ髪に顔をうずめてくすぐったい感触を味わいながら、

俺「この髪に顔が当たった時のくすぐったい感じが好き。」

ちなつさん「ウフフ。初めて言われたけどたしかに心地良いよねっ。」

と言い、そこから正面に向き直り、お互い微笑みながら俺はちなつさんとキスしました。

そして、

ちなつさん「私の髪○○くん(俺の名前)の理想になった?」

俺「うん、理想的で良い感じ。髪質も良いしところどころ金髪が入ってるのも魅力的だね。」

ちなつさん「ありがとう。でも私金髪入ってるし目が大きいから怖がられたりするけど、実際は全然そんな事ないでしょ(笑)。」

俺「うん、ちいちゃんなんか雰囲気柔らかくてほのぼのとしてるね。」

ちなつさん「良かった(笑)。あ、○○くん(俺の名前)にといてもらった髪見てきて良い?」

と言い、ちなつさんは洗面所の鏡で俺がといた髪をチェックして戻ってくると、

ちなつさん「たしかに分け目変わってるね(笑)。でも分け目変えると雰囲気も変わってなんか新鮮(笑)。髪きれいにしてくれてありがと、○○くん(俺の名前)。」

と言い、そこからちなつさんは俺にキスしてきて、目を見つめ合って微笑み、そしてまたちなつさんとキスしました。

そして、そこからちなつさんが、

ちなつさん「じゃあする?」

俺「うん。」

と言い、お互い全裸になって本格的なエッチに。

まず俺はちなつさんのサイドの髪に顔をうずめながらちなつさんのEカップのおっぱいを揉み、

俺「ちいちゃん良い胸してるね。」

ちなつさん「ほんと?私がむっちり体型だからじゃない?」

俺「でもちょっとむっちりした感じも好きだよ。」

ちなつさん「ほんと?良かった。」

と言い、そこから俺はちなつさんとキスしました。

そして、俺はちなつさんの脇腹を軽くこそばすとちなつさんは少し照れる感じで笑い、ちなつさんも軽く俺の脇腹をくすぐり返してきました。

俺がくすぐったそうにピクッとオーバーアクション気味に反応すると、ちなつさんはウフフと微笑み、

ちなつさん「ウフフ、くすぐったかった?」

俺「うん、くすぐったかった。」

と言ってまたちなつさんの脇をまたくすぐり返すと、ちなつさんはまた微笑み、そこからちなつさんは俺に抱きついてきてからそのまま俺にキスしてきました。

そこからちなつさんは俺を押し倒し、俺の上からぱっちり二重の大きな目で俺を見つめてきて、俺に舌を絡めてDキスしてきました。

見つめてくるちなつさんがセクシーに見えたのか俺はメロメロになり、

俺「ちいちゃんもっと責めてよ。もっと大きな目で俺を見つめてよ。」

とちなつさんを誘惑。

そこからちなつさんは俺に言われるがままに俺の上に乗っかり、俺にDキスしたり俺の胸に顔や髪をスリスリしてきました。

そこからちなつさんは、

ちなつさん「○○くん(俺の名前)ももっと責めてほしいな。」

と俺を上目遣いで見つめて言うと、俺もちなつさんの髪に顔をうずめてくすぐったい感触を味わいながらちなつさんの髪にキスしたり、ちなつさんの前髪や頬を撫でたりしました。

そうしていくうちに俺のチンチンはガマン汁まみれに。

そして俺はちなつさんのアソコにチンチンを挿入。

そしてちなつさんの前髪やサイドの髪を撫でながら、

俺「出すよ。」

ちなつさん「うん。」

の一言でちなつさんのアソコに向けてフィニッシュしました。

フィニッシュ後はお互い楽しかったね、ありがとうとお互い言い合い、ちなつさんがアレンジした時にしてる髪型や、女性の髪の好みをちなつさんに聞かれていろいろ答えたり、冷蔵庫にあったチューハイを一緒に呑みながらちなつさんの部屋にあったアコギの話をしてどんな曲が弾けるかとか、俺が好きなコブクロの曲で弾ける曲はあるかとかいろいろ話したりし、この日はちなつさんのアパートに泊まって翌朝帰宅しました。

 

出会いならPCMAX

無料会員登録はこちら

PCMAXの特徴!

  1. 年齢層は若めが中心。人妻も利用者が多い印象。
  2. 初心者は少なめ、スムーズにやり取りが進む人が多い